読んだ本について感想を述べたり述べなかったり・・・書評・コネタ連動メルマガも登録宜しくお願いします。 「濫読ひで」より


by moon99999
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

痛風はビールを飲んでも直る?

痛風、というのはじいさんばあさんの病気だろうと、昔は思っていた。
ところが、以前、転勤発表後、毎晩送別会という名の飲み会を続けたさなかに健康診断をうけたら、「尿酸値が高い」と言われてしまった。

それって何、と思ったら、悪化したら痛風になるんだ、といわれた。
へ?じいさんの病気じゃなかったのか? とその時には驚いたものだった。

痛風とは実はぜいたく病らしい。酒を飲んだりとかいいものを食べていると、プリン体というのがたまって痛風になるんだそうだ。
ちなみに痛風、というのは「風が吹いても痛い!」というところから来たそうだ。これは本当に痛いらしい。うーむ。

で、痛風になったら大変なので、プリン体の多い食事を控え、酒も控える、ということになる、はずだったが、その後も宴会は続いたのだった。

ただ、その後引っ越して、比較的まともな生活を続けていたら、いつの間にか数字が下がっていた。

それはそうと、引越し先で、お医者さんに出会った。彼は大学病院で痛風の研究をしていたのだ! 彼に聞いたら、実は彼自身も痛風というか尿酸値が高いのだという。

お医者さんって、やっぱり生活不規則だし酒飲む人も多いし、金があるから美食家だろうし、痛風になりやすいよな~。

で、その人に聞いても、「飲みすぎなければビールもいいし酒もいい。」と言っていた。ちなみに一緒に飲んだりしたので、要するに彼も飲みたいからそういっていただけかもしれない。

と思ったら、鹿児島大学の教授が新しく本を書いた。
タイトルは「痛風はビールを飲みながらでも直る!」という。

要するに、自分もビール飲みたいので、飲んでも大丈夫なんだ~~と言いたいのか?
どうやら彼は本当にビールを飲みながら克服したらしい。

やっぱり、医者の不養生で病気になって、そのあとビールだけはやめない!と決意したその意思の強さがあったのかな~~

もしかしたら、痛風の研究をする医者って、みんなこう考えているのかもしれないな、などと思った。
実例は2件しか知らないのだけど・・・(笑)


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by moon99999 | 2005-03-06 20:21 | コネタ