読んだ本について感想を述べたり述べなかったり・・・書評・コネタ連動メルマガも登録宜しくお願いします。 「濫読ひで」より


by moon99999
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:コネタ( 64 )

一年分

相撲の賞品なんかで、なんとかを一年分、というのがあるが、いったいそれはどれくらいなんだろうか。相撲取りがたべる一年分か、それとも庶民の一年分か・・・

そういう大きななぞを、エキサイトが解決してくれた(笑)。

要するに・・・贈るほうがきめるから、基準はまちまち、ということだ。
なあんだ。

ちなみに米では一年分ではなくて30俵なんだそうだ。一俵は60キロだそうな。
一俵がひとりの一年分の量だということだ。つまり30人の部屋ぜんたいにいきわたるはずの量、ということになる。もちろん一俵は普通の人間の一年分だから力士ではその倍くらいはたべるんだろうが・・・

だれか私に、一年分の何かをください。お待ちしております(笑)。

・・・一年分のゴミ、とかは遠慮しておきます(爆死)

相撲の優勝でもらえる副賞「1年分」はどんな基準か? | Excite エキサイト

参加中!
一日1クリックお願いします!
トップページへ
[PR]
by moon99999 | 2005-05-23 19:57 | コネタ

たまごかけご飯専用醤油

世の中には変わった商品がある。
マニアックなものもある。

それの最たるもののひとつが、これだ。
「卵かけご飯専用醤油」。その名も「「おたまはん」。 これから「おはなはん」を連想できた人は、おそらく42歳以上だろう(笑)。

それはさておき、この醤油、目的が限られていて、しかも関西版と関東版が両方あるというからすごい。
奥出雲の吉田町、「ふるさと村」のものなんだそうだ。

本来、生卵は鮮度がいのちだ。
たとえば、アメリカの多くの州では、卵を生で食べることを法律で禁止している。

なぜなら、サルモネラ菌が繁殖している危険性があるからだ。
アメリカのスーパーでの保存状態がわるかったり、あるいは輸送経路に時間がかかったりすると、どうしてもそのリスクが増す。

アメリカで成功している、日本出身の卵の会社がある。イセ食品だ。
イセファーム、という名前で多くの卵をアメリカでも売っている。これは結構ブランドだったりする。

イセファームの社長さんって大金持ちで、アメリカでも成功しているために、芸術家のパトロンになったりもしているようだ。

それはさておき、アメリカでイセファームの卵を売っているのだが、いちおうこれも生ではだめ、ということになっている。ただし鮮度が高いので、食べてもいいらしいのだが・・・

だからアメリカでは、たまごかけごはん専用醤油、というのは市場がない、ということになる。
日本ではどうなんだろう。

昔と比べると、朝もパン食がふえているし、生卵をごはんにかける家は減っているのではないだろうか。それでもこれが売れるのだろうか?不思議といえば不思議だ・・・

ちなみに、吉田村の通販サイトには、「卵かけご飯セット」というのも売っている。

・・・奥出雲産平地飼い有精卵6個と卵かけご飯醤油「おたまはん」関東風(黒キャップ)、関西風(赤キャップ)各1本と奥出雲吉田産コシヒカリ1kgのセットです。究極の卵かけご飯をご賞味ください。・・・ だって!


卵かけごはん専用しょうゆにも関東版・関西版 | Excite エキサイト



参加中!
一日1クリックお願いします!
トップページへ
[PR]
by moon99999 | 2005-05-23 19:51 | コネタ

甘い緑茶?

エキサイトの記事に、甘い緑茶が海外で売られている、というのがあった。
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091115695353.html

海外では甘い緑茶もあたりまえだ、というのだ。
アメリカではどうだろうか?

・・・見たことは無い。というよりは緑茶そのものがマイナーなのだ。
緑茶はヘルシーだとかいいながらも、アメリカでは知られていない。
カモミール茶とかならあるけど・・・

だいたい、ホテルでティーといって頼んでも、くるのはティーバッグのはいった箱だ。
うやうやしくウェイターが大きなティーバッグの箱をもってきて、「どれにしましょうか」ってノリだからね。
でもその中で緑茶ティーバッグがあるかも・・・

そもそもアメリカじゃ、甘くない飲み物がないのだ。アイスティーでも、甘くないものが少ないのだ。
健康志向というわりには甘いものばかりだから・・・

南米のマテ茶に砂糖がはいっているというが、すべてのマテ茶にはいっているわけではない。
あと、コカ茶は甘くなかったと思う。

トルコのコーヒーはとっても甘い。お茶も甘いのだが・・・
イスラム系では酒が飲めないから、甘い飲み物をかわりに飲んでいるような気がする。

いずれにしても、日本で「甘い緑茶」売ったら、きっと売れないだろうな~~(笑)
[PR]
by moon99999 | 2005-05-15 11:15 | コネタ

スイスメモリー

先日、スイスのアーミーナイフのメーカーが合併するという記事が出ていた。
ヤフーニュースなどによると、やはり911後のアーミーナイフの不況には勝てなかったらしい。
土産ものとして飛行機につんでいくことができなくなったので売れなくなったのが敗因だそうだ。
以下、このサイト(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050427-00000036-kyodo-bus_all
による。

More
[PR]
by moon99999 | 2005-05-12 00:57 | コネタ
このタイトルは何だ・・・

帰ってきたウルトラマン、は団次郎(現次朗)主演のウルトラマンだが、こっちは関係ない。
とにかく見てもらおう・・・



酒飲んで夜帰ってきたウルトラマンパパ。いい気分で、顔は真っ赤・ネクタイは頭にまきつけてる。
それで、寿司の折り詰めをおみやげに持ってきたのだ!

More
[PR]
by moon99999 | 2005-05-08 19:19 | コネタ

戸越銀次郎って?

硬派銀次郎、あるいは硬派山崎銀次郎、といえば本宮ひろ志の漫画の主人公だ。だが戸越銀次郎というのは何だろう?

・・・それは、何と

More
[PR]
by moon99999 | 2005-05-08 10:37 | コネタ
タイトルを見て、変なこと考えた人、だめですよ!(笑)



イタリアでとんでもない法律が通ったらしい。
エキサイトによればこうなっている。
「イタリアのトリノでは、一日に少なくとも3回はペットに散歩をさせないと、飼い主には500ユーロ(6万5千円)の罰金刑を課せられる法律が議会で承認される。

More
[PR]
by moon99999 | 2005-04-27 00:42 | コネタ

Japan Rail Pass

ジャパンレールパスって何?というページがあるのを見て、ああ、と思った。

結構知られていないのだ、これは。
ジャパンレールパス、というのはJR乗り放題の切符だ。しかし外国人とかでないと買えないのだ。しかも日本では売っていない。

ヨーロッパ旅行するのに、ユーレイルというのがあった。これも欧州の電車乗り放題なんだが、欧州では買えないはずなのだ。 同じことだ。
ちなみにインターレールというのもあって、ユーレイルだと一等に乗れるが、インターレイルだと二等にしか乗れないのと、インターレイルは英国でも買えるのが違う。

日本でこれに近いのは何かな・・・と考えたら、いわゆる「周遊券」というものか、あるいは「青春18きっぷ」だろう。

青春18きっぷなら知っている人は多いのではないか。
ただ青春18きっぷは、普通列車にしか乗れない。急行や特急には乗れないのだ!

あ・・・もうひとつ、似たものがあった。
フルムーンパスだ。(笑)

私はフルムーンを買うにはまだちょっと早いかなという感じだ。年齢制限あったし、たしか夫婦でないといけないはずだし・・・ (以下省略)


というわけで、ジャパンレールパスを日本国内でも売ってほしいな~と思う私であった。(でも日本人は買えないんだよな~~)

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091114002207.html
[PR]
by moon99999 | 2005-04-25 21:51 | コネタ

豚のヤキトリ?

ヤキトリといえば、鶏肉が使われるはずだ。
まあ文字通りなんで、あたりまえといえば当たり前だが。

それが・・・東松山市では、「豚」なんだそうだ。
東松山、というのは愛媛の松山ではない。埼玉にある市なのだ。

そこでは、焼き鳥屋で「豚」が出されているそうだ。

板橋の居酒屋「ひろなり」では豚は豚として出されているが・・・

ちなみに、こうなっているという。
「東松山市には、全国で唯一の焼鳥屋で構成された組合「東松山焼鳥店組合」が存在する。これは昭和37年に、当時営業していた7軒が集まり結成されたもので、現在は35軒が加盟。組合で新鮮な豚のカシラ肉を共同購入するため、値段も各店「やきとり(カシラ肉)1本 100円」と統一できるのだとか。」

豚のカシラなのにヤキトリかあ。
鳥から文句が出そうな気がするのだが・・・

エキサイトの記事は以下。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091113297630.html

[PR]
by moon99999 | 2005-04-19 23:13 | コネタ

ウサギ税

なんじゃこりゃあ!といいたくなるが・・・
昔、日本にはウサギ税というのがあったそうだ。
何かっと言うと・・・

ウサギブームが起こったらしい。
ウサギを育てて食べて売って大もうけ、というやつだ。
それでもって、お上が制限しなけりゃいかん、ということになり、課された税金なのだそうだ。

考えてみると、バブル時代に不動産が値上がりしすぎたから、税金を高くして価格を抑えようとしたというのと同じだね。

オランダじゃあチューリップバブルというのもあったしね。誰も彼もチューリップの球根を買って育てて、という投機。

なんにしても、税金がかかるようになるとブームは去る。そして日本のウサギバブルも消えて、結局は税金もなくなった、ということだ。

諸行無常。


明治時代にはウサギ・バブルがあった!?



参加中!
一日1クリックお願いします!
トップページへ
[PR]
by moon99999 | 2005-04-11 23:02 | コネタ