読んだ本について感想を述べたり述べなかったり・・・書評・コネタ連動メルマガも登録宜しくお願いします。 「濫読ひで」より


by moon99999
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ドキュメンタリー( 9 )

コバルト風雲録

4860110382
コバルト風雲録 久美 沙織

本の雑誌社 2004-10
http://tinyurl.com/ddgoo

紹介したつもりで紹介してなかったので(笑)。

コバルト、とは当然のように(笑)コバルト文庫である。
最初は、「集英社文庫 コバルトシリーズ」だった。
それは、基本的には少女向けの小説がメーンとなっている、文庫だった。
文庫ということで、中学生くらいでも買いやすい価格だ。

この本は、そのコバルト文庫の黎明期から発展期にかけて、「丘の家のミッキー」シリーズその他でコバルト界の人気作家になった久美沙織が、その当時より前を含めて、「少女小説史」コバルト編を書き表したものだ。

もともと、この作品のもとになったのは「創世記」というサイトだ。
それは、その当時「このライトノベルがすごい」というタイトルで運営されていた個人サイトに、久美沙織氏が投稿を続けることによってできていったものだ。

コバルト以前の吉屋信子氏(名前だけは知っていた)の話から始まり、当時のコバルトの書き手がちょっと古かったことなんかを書いている。

(濫読ひでのモノローグ少々)そうだよな~富島健夫先生の「制服の胸のここには」なんて読んだけど、あれって彼女が「きものをきて、庭をはいていた」んだよな~。 キスはしたけどそれ以上は、まわりの理解をくもらせたくないから、先にいかないって話だったし。(時代ですな~)
吉田とし、って人の本も読んだ。 他にもあったな~東京オリンピックがもうすぐで、とかいうやつとか。 (おわり)

要するにその当時、ちょっと古い感覚の人たちが書いていた、というわけです。
それをうちやぶったのが、氷室冴子さんと新井素子さんの登場。

などという歴史上の重点をおさえつつ、久美沙織のデビュー秘話(笑)が語られていく。

はじめのうちは書くだけで楽しかったこと。パラクリでSFメンバーとの接点ができたこと。
いまはもういないかがみあきら氏のこと。
そして、ファンサービスのための大変な苦労(持ち出しでここまでやるか・・・ご苦労様でした。)。コバルト5人娘(オーロラ3人娘ではありません[そんなの知らないぞ!])のことなど。
たしかに、作家「久美沙織」はコバルトに見つけられ、育てられ、一時代を作った。
ここまでは確かに、「コバルト風雲録」というタイトルにふさわしい作品だといえる。

そして・・・彼女は自分の居場所に疑問を持ち出したのだ。 なぜか。コバルトの、久美沙織の作品のファンから浴びせられた、予想もしない罵倒の数々が直接の引き金だった。

ここからは、コバルト、よりもむしろ「作家久美沙織はいかにして非コバルト者となりしか」「非コバルト者の久美沙織はいかにして生きてきたか」というストーリーがつづられてゆく。
コバルト風雲録、から「久美沙織風雲録」へと変化していくのだ。

内容はとても面白い。ゲームのMOTHERとの出会い、そして彼女の金字塔とも言えるであろうドラクエの天空三部作(すみません実は読んでないんだけど)との取り組み等。

私はこれで久美沙織という作家のファンになったといえる。作家がこういう悩みをもって作品を書いているのか、というようなことがわかったつもりになる。

ここのパートは、コバルト風雲録、からコバルトの現在に連なる歴史を想像していた人には、かなり予想外かもしれない。 アマゾンの感想などで、あまり高くない評価をつけた人は、その辺を受け入れられなかったのかもしれず、そういうことを志向する向きにはちょっと喰い足りないかもしれない。

ただ、タイトルに関係なく、面白い話ならいい、と思える人にはお勧めだろう。

本当は風雲録、とかだったら「黎明編」からはじまってあとのほうに「疾風怒濤編」「回天編」
「望郷編」などとつながっていくような気はするのだが、いきなり「望郷」からはじまり、その後に「疾風怒濤」という構成になって・・・まあいいや。

コバルトか・・・何もかも懐かしい・・・(をい)

お勧め度:☆☆☆☆1/2 現在のコバルト作家たちのことを期待するのではなく、あくまで現在40代くらいの人たちで、当時コバルトシリーズを読んでいた人たちが読むのなら実感がわくと思います。 それからもちろん、面白い話を読みたい人にはぜひお勧めです。
[PR]
by moon99999 | 2005-08-16 00:30 | ドキュメンタリー
4163670807赤塚不二夫のことを書いたのだ!! 武居 俊樹
文藝春秋 2005-05-26

http://tinyurl.com/dm7yn


昔読んだ赤塚不二夫マンガのなかに、「タケイくん」というのが出てきた。
そのタケイくん、というのは赤塚担当の小学館の編集者だ。
彼は新入社員のときに赤塚担当になり、それからずっと赤塚と親交を持ち続けている。

More
[PR]
by moon99999 | 2005-08-06 23:22 | ドキュメンタリー

メロンパンの真実

4062122782メロンパンの真実 東嶋 和子
講談社 2004-02

http://tinyurl.com/b35qv



メロンパン
といえば日本人は誰でも知っている。
だが、このルーツについては、あまりちゃんと答えられる人はいない。

More
[PR]
by moon99999 | 2005-07-11 20:11 | ドキュメンタリー

ザ・エージェント

ザ・エージェント 鬼塚 忠
ランダムハウス講談社 2005-02-26
http://tinyurl.com/6g33j

この本を知ったのは、このブログへの書き込みだった。
コメントで、この本の紹介をじっくりと書いていたのだった。
見れば、宣伝であることがよくわかる。でも、あまり突っ込まずに軽いコメントを返しておいた。
後に、他のブログにもまったく同じ文面で書き込みをしているのを知った。
ずいぶん多くのブログに書いていたようだ。 正直に言えば、それを見て、ずいぶん気力が萎えた。

だが、「ガイアの夜明け」でこの本がとりあげられ、それを見て少し気持ちが変わり、アマゾンで注文することにした。(本屋にはどうせないだろう、と思ったのだ)

この本は、作家のエージェントという職業がなりたちうるのか、という考察をしている。もちろん彼の立場からすれば、成り立つ、ということなのだ。

彼がかかわった、という本を見ると、知らないものが多かったが、その中に、「渡辺やよい」という本があったので、びっくりした。なるほど。彼女の本も手伝ったのか。

More
[PR]
by moon99999 | 2005-04-05 00:03 | ドキュメンタリー

歌舞伎町シノギの人々

歌舞伎町シノギの人々家田荘子
主婦と生活社 2004-08
http://tinyurl.com/5p2ba


「極道の妻たち」「イエローキャブ」などで有名な家田荘子が、極道コネクションを使って、歌舞伎町に生息する男女のいろいろな話を聞いていく話だ。

ヤクザの「シノギ」つまり資金源はやはり、クスリということだ。末端価格では何百億円にもなるという。ただ、末端価格は高いにしても元締めはそこまで儲けていない、ということもある。

クスリがここまで儲かるのがわかっているから、どうしてもクスリを資金源にするしかない、ということになる。
結局資金があることが勢力をのばすための元だから。

彼女は、ヤクザだけでなく、クスリの売人、ぼったくりバー、ヘルスの女性、キャバクラ嬢、バーのママなどいろいろな人々にインタビューしていく。

やはり「極道の妻たち」を書いたということは彼女にとって大きな財産なんだろう。だからこそこういうインタビューをすることができる。

ただ、人々を淡々とインタビューしているとはいえ、彼女が話している相手の多くは犯罪者であり、日陰者である。
この連中のために人生を狂わされた人々は数知れないはずだ。
彼女はそこには目をつぶって気づかない振りをしているようだ。
もちろんそれを追及しても詮無いことだし、インタビューなどできない。

だが、彼女のなかから、犯罪を憎む気持ちなどまでが抜け落ちてしまっていないか。その点がとても気になる本だった。

歌舞伎町にはお金が落ちている。
一年で数億円を一人が稼ぐこともできる。

やはり、世界に類をみない、すごい街なのだなあ、と痛感させられた。

お勧め度:☆☆☆1/2 歌舞伎町ってどんなところか知りたい人は・・・先入観ができすぎるかな?


関連ブログ

[PR]
by moon99999 | 2005-02-07 23:56 | ドキュメンタリー
君について行こう 向井万起男
講談社アルファ文庫 上巻 http://qrl.jp/?145138 下巻 http://qrl.jp/?147403
単行本初版1995年 文庫1998年

向井万起男氏は、慶応大学医学部の助教授、いや昇進していまや教授である。病理学の研究者で、論文も書くし学会でも発表する、業界ではそれなりの地位の人である。しかし彼の真骨頂はそこにはない、かもしれない。
彼は、日本初の女性宇宙飛行士、向井千秋さんの夫なのだ。
本人も、それが最大の肩書きであることを潔く認めている。

ついでにいうと、物書きでもある。
この本を書いたのは彼だからだ。

彼はほかにも奥さんに関する本を書いているが、それだけではなく、「ハードボイルドに生きるのだ」などの軽妙なエッセイも書いている。
もうひとつ付け加えるならば、熱心な大リーグファンでもある。

さて、今回の本は、奥さんの千秋さんとどうやって出会い、そしてどうやって彼女が宇宙飛行士になっていったか、ということが書かれている。
ローンチ(発射)当日までのことが、ある程度時系列に書かれている。

だがそれだけではない。 いろいろな記述を通して、「俺は女房を愛しているんだああ!」という気持ちがしみじみと伝わってくる。
「みなしご一人旅」気質の奥さんに対して彼が持つ愛情は、とても深い。

さて、この本は宇宙飛行士を目指す人には格好の本、かどうかはわからない。ただ、NASAでどんな訓練が行われていたのか、を知ることができるし、家族へのサポートも含めた体制もしっかりわかる。 JAXAの人たちも、きっと読んでいるだろう、というか読んでおいてほしい。 (JAXAがなにか、知らない人はこちらへ http://www.jaxa.jp/index_j.html )

千秋さんと一緒に飛んだ人に、ジョン・グレンがいる。知らない人のほうがおおいと思うが、彼は昔の宇宙飛行士であり、議員でもあった。そして彼はもう一度宇宙へ飛んだ。完全なアメリカン・ヒーローなのだ。
他の同僚も、いろいろ明るく楽しい人たちがそろっている。

宇宙に興味がある人は、ぜひ読むといいと思うし、それでなくても、軽妙なエッセイとして楽しめると思う。

と思ったら、今日はこんなニュースが飛び込んできた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041210-00000403-yom-int

宇宙ステーションで食糧SOS、乗組員の食事制限

 【ワシントン=笹沢教一】米航空宇宙局(NASA)当局者は9日、米露2人が乗り組む国際宇宙ステーションの貯蔵食糧が残り少なくなったため、1日あたりの食糧をカロリー換算で5―10%削減するよう指示したことを明らかにした。

 蓄えは来年1月中旬までしか残っておらず、補給物資の調達が困難になった場合、安全確保のための帰還も検討している。

 昨年2月のスペースシャトル「コロンビア」事故以来、輸送量の少ないロシアの補給船で物資の輸送を行っているため、積み荷が制限され、食糧の補給が後回しにされてきたのが原因。

 今月24日に補給船の打ち上げが予定されているが、打ち上げの失敗や日程の大幅な遅れもありうる。このため当面は“ダイエット”で食糧を温存していく。補給船には、中国系米国人のリロイ・チャオ飛行士へのクリスマス・プレゼントとして、餃子などの点心が積まれる予定。
(読売新聞) - 12月10日10時58分


このリロイ・チャオというのは、やはり千秋さんと一緒に飛んだ宇宙飛行士なのだ。
これが二度目なのか三度目以降の飛行なのかはわからないが、この本に出ている彼の写真は、とても童顔の子供のような感じだ。でも、今44歳なのだが。

きっと、向井千秋さんは、NASAで、餃子を送るアイディアに拍手を送りつつ、リロイの無事を祈っていることだろう。 そして、マキオちゃんは、慶応大学で授業や研究をやりながら、奥さんのことを考えているのだろう・・・

ちなみに、万起男さんの顔は、イラストそっくりだ。これがまた笑える・・・


お勧め度:☆☆☆☆1/2 若者よ、宇宙を目指そう!
[PR]
by moon99999 | 2004-12-10 23:35 | ドキュメンタリー
日本一の昆虫屋 志賀昆虫普及社と歩んだ百一歳 志賀 卯助
文春文庫PLUS 2004/8


子供のころ、昆虫採集に夢中になったことがある男性は多いと思う。
女性の場合はそうでもないかもしれないが、虫にはこどもをとりこにする何かがある。
今は「ムシキング」というゲームが子供たちの間ではやっているという。

この本は、日本一の昆虫屋と自称する志賀氏が自分の一生をつづったものだ。
戦前に昆虫採集の材料を扱う会社に丁稚に入り、その後独立。戦後また昆虫の道に戻り、ずっといままで続けてきている。
今年101歳になったところでこの本が文庫化された。
まだ時々店にも出ているそうだ。

この本には蝶の採り方とかも書いてあるし、標本の作り方も出ている。 虫が好きな人は、見ているだけでも楽しいだろうと思う。

うちには、志賀さんがデザインした捕虫網がある。銀色のバトンのようなものだ。ところがそれが伸び、そして中にある網がぱっと広がると、いっぱしの虫取り網に変身するのだ。まるで魔法のようだ。 これは見てみないとぴんとこないかもしれない。 最初はこれが虫取り網とは信じられないくらいだ。 大きさはまあ、小学校の「縦笛」くらいだと思えばいい。

どうやら北杜夫の「どくとるマンボウ昆虫記」にも出ているようだ。私はあの本を読んだのはもうずいぶん前なので覚えていないのだが・・・

お勧め度:☆☆☆☆★ (虫が好きな人はぜひ買いましょう)

追伸;昆虫好きには、こんな雑誌もあります;「昆虫フィールド」(http://qrl.jp/?155177)
[PR]
by moon99999 | 2004-11-28 12:49 | ドキュメンタリー
食う寝る坐る 永平寺修行記
野々村 馨 新潮文庫 2001年 
http://qrl.jp/?140335

永平寺、といえば道元が開いた曹洞宗の総本山だ。
平凡な勤め人だった筆者(独身)が、人生に疲れたことなどから、出家して永平寺で修行した、一年間の生活を振り返ったもの。

それこそ「東司」とか「応量器」などといわれても、普通の人間にはわからないだろう。
新しい世界での新しい言葉、しきたりなどに戸惑いつつ、座り続けることにより見えてくるものが確かにあるようだ。

ストイックな世界に過ごして、初めてわかること。
人びとの厳しさ、優しさも見えてくるかもしれない。

そして、ラストシーンの「僕はその時、初めて春が春であることの意味を知った」という一文にはじーんときてしまった。
私が海外に長くいて、日本の桜を見たときのことを思い出したからなのかもしれない。

悩めるビジネスマンの息抜きにおすすめ、かもしれない。
ただし出家の相談には乗れません(笑)

お勧め度: ☆☆☆☆★
[PR]
by moon99999 | 2004-11-23 15:33 | ドキュメンタリー

アンナGO!

b0059882_0222261.jpg

安田昌弘・安田あけみ 
アンナGO!―少女と愛犬の奇跡
小学館 2004年

http://qrl.jp/?145870

「わくわく動物ランド」でも紹介されていた。
この夫婦のお嬢さん、千夏さんには先天的な障害がある。 でもそれを乗り越えて、犬の運動能力を競う競技「エクストリーム」に挑んでいく。
家族愛のすばらしさ、そして、生きていく際に動物がいかに支えになってくれるか、ということがよくわかる。
この本の売り上げは、病気と闘う家族へのプラスになる。
それを考えても、ぜひ買って読んでほしいと思う。
[PR]
by moon99999 | 2004-11-06 23:38 | ドキュメンタリー