読んだ本について感想を述べたり述べなかったり・・・書評・コネタ連動メルマガも登録宜しくお願いします。 「濫読ひで」より


by moon99999
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

101歳の少年

440861131X101歳の少年 三浦 敬三
実業之日本社 2005-02
http://tinyurl.com/dovv7
三浦敬三氏は、三浦雄一郎氏の父親だ。
101歳で、スキーをしている。
100歳のときに、息子(雄一郎氏)、孫、ひ孫(4歳)で一緒にスキーをする、という快挙をなしとげた。
彼の息子の三浦雄一郎氏は、70歳でヒマラヤに登頂している。

このすごいパワーはどこからくるのか。
この本に秘密が載っている。

敬三氏はとにかくスキーが好きだったそうだ。雪の中、八甲田でいろいろなスキーをしてみたり、みようみまねで板スキーに金属のエッジをうちつけてみたり。戦時中でさえスキーをした。

やはり、好きこそものの上手なれ、ということなんだろう。営林署にずっと勤めながらもスキーを楽しみ続けた。
彼のアイドルはハンネス・シュナイダーというスキーヤーと、インゲマル・ステンマルクというスキーヤーだ。ステンマルクは私も知っている。ワールドカップで何回もかっているからだ。

私が知っているスキーヤーはステンマルクとミッターマイヤーくらいかな。でも写真みても誰とは言えないから知っていると言えるのだろうか?

とにかく三浦氏はすごい。この年齢でも毎日いろいろなトレーニングで体を鍛えている、というのだ。顔についてさえ運動しているという。あとはタイヤのチューブをひっぱったりいろいろ自分で作った運動をやっているそうだ。

この元気さがあって、はじめていろいろなことができるのだろう。100歳での親子4代スキーなんて、どんなにうまくったってそうはできないはずだ。

元気な101歳の少年に乾杯!

お勧め度:☆☆☆☆ 自分が101歳のときにこうはできません。今だってできるかどうか。
[PR]
by moon99999 | 2005-08-19 06:58 | エッセイ