人気ブログランキング |

読んだ本について感想を述べたり述べなかったり・・・書評・コネタ連動メルマガも登録宜しくお願いします。 「濫読ひで」より


by moon99999
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

好きよ

好きよ好きよ
柴田 よしき (著) 双葉社 2002年8月
http://qrl.jp/?153788


私は個人的には怖がりなのでホラーは好きではない。
だが柴田よしき、という作家だけで選んだので、この本を読むことになってしまった。

柴田よしき、は推理小説も書くし、SFも書く。そしてこれはホラーだったのだ・・・気づかず読んだ私にも問題がある。当たり前だが。

途中まで読み進めるまで、これがホラーだと気づかず、普通の推理小説かと思ってしまった。推理小説なら結末で犯人がわかる。
だがこれは・・・あくまで超常現象が支配する世界だったので、島やイチョウの木に隠された秘密がわかっても、それが「なぜ」起こったのか。敵はいったい何者なのか(宇宙からの侵略者?)などはさっぱりわからない。

それでも読ませてしまうのは作者の力量だ。
ホラーだが、非常に楽しませてもらった。

何が起こっているのか?というのの興味にひきこまれていくうちにどんどんストーリーが進む。 面白くて一気呵成に読めてしまう(ただし長いので一日では私にはむりだったが)。

なぜ「好きよ」という言葉を残して彼女は自殺したのか。
誰のことを好きだったのか。

最後になぞはすべて明かされ・・・ない。

怖くないホラー、というか超常現象が出てくる推理小説、と思えばいいのかもしれない。
女性にお勧めかも。
# by moon99999 | 2004-11-16 00:59 | ホラー系

私がそこへ還るまで

私がそこに還るまで
私がそこに還るまで  稲葉 真弓 (著) 角川書店 2004年
http://qrl.jp/?140770

感想に困る本だ。
不思議な短編が続いている。
不思議、といっても超常現象がおこるということではない。
精神的に変調をきたしたような人びとのことが描かれる。
かといって、一部を除いて荒唐無稽ではない。むしろ日常におこりうることが描かれる。

もし作者が、まったく正常な精神の持ち主で、過去にも何も問題を起こしたこともなく、自分の創造力なり想像力なりでこれらのシリーズを描いているとするならば、それはすごいことだと思う。

その一方で、自分の過去通過してきたこと(あるいはこれから起こるやもしれぬこと)をベースに描いているとするならば、わかりやすいが、それはそれで、生きていくのが辛くなることもあるのかな、とすら思える。

波の音に心を狂わせたり、拒食症で食物以外のものまで飲んで吐いたり、挙句の果ては植えこみで空を見ながら・・・

個々の短編の内容より、作者のことのほうに関心を持ってしまう私だった。

お勧め度:☆☆★★★  繊細な女性には向いているかも。ただし救いを求めてはいけない。
# by moon99999 | 2004-11-16 00:56 | 文学系

メルマガ

メルマガの準備を始めました。
承認されたら、毎週なんとか出していこうと思います。

登録ページはこちらです。


ちゃんと続くかな~~~
# by moon99999 | 2004-11-16 00:36 | ご挨拶

間宮兄弟


間宮兄弟 江國香織

江國香織といえば恋愛小説(とくに不倫など)と相場が決まっているか、と思ったらあなどれない。
これは、非恋愛小説というべきか。
恋愛の対象としては「ありえない」兄弟を描いたものだ。

兄弟は仲がよく、30代独身で一緒に住んでいる。彼女いない歴=年齢、というわかりやすい形。
この二人はビデオ屋の姉ちゃんや人妻などに片思いするが・・・

恋愛の対象としてはありえないが、友達としてはあり、なのかもしれない。
この2人が、人生を楽しんでいるのが救いだ。

ただし内容は「電車男」とは対照的かもしれない。
# by moon99999 | 2004-11-14 01:19 | 癒し系
久美沙織さんの定義にならい、本の入手方法について少し。

大きく分けると、本を手に入れるためには2つの方法があります。
いわく、
1)作者に印税が入る方法

2)作者に印税が入らない方法

です。

作家からすると、この2つの違いは大きい。やはり作家であるからには本が印税を生んでくれないといけない、ということです。

1)について
A.本屋で買う
本屋の場合、いつもあるとは限りません。そのため、ないときには取り寄せをお願いすることになります。取り寄せにも結構時間かかるんですけどね。
B.
アマゾン
で買う
これは安易です。私はここを利用します。ちなみに、中古
もあります(小声)

C.その他のネット書店で買う
いろいろあると思います。

2)について
A.友達から借りる
B.図書館から借りる
これは意外に使えます。新刊の場合、順番待ちになりますが。
在庫になくても、取り寄せてもらったり買ってもらうこともできます。買ってもらえれば、作者にも印税が入るので一石二鳥(というのかな)
C.古本屋で買う  
見つかれば、ですけどね。
ブックオフのバーゲンコーナーなど105円でハードカバーだって買えます!
D.ネット古書店で買う
アマゾンのマーケットプレースは使えます。(ここでは大きく言える(笑))
その他では、私は「高原書店」をお勧めします。
E.立ち読みする(笑)

皆さん、お好きな方法でどうぞ。
ただし、その際、「作者に印税が入るかどうか」については、深く意識していただきたいと思います。
野球の券をダフ屋で買うとただダフ屋がもうかりますが、チケットボックスオフィスで買うと、球団の売り上げに貢献することになります。

ファンなら、どうするのがいいでしょうね・・・
いつも買え、とは言いません。
ただ、この点は、意識だけはしたほうがいい、と思うのです・・・
# by moon99999 | 2004-11-14 00:46 | 本にかかわる話

アンナGO!

b0059882_0222261.jpg

安田昌弘・安田あけみ 
アンナGO!―少女と愛犬の奇跡
小学館 2004年

http://qrl.jp/?145870

「わくわく動物ランド」でも紹介されていた。
この夫婦のお嬢さん、千夏さんには先天的な障害がある。 でもそれを乗り越えて、犬の運動能力を競う競技「エクストリーム」に挑んでいく。
家族愛のすばらしさ、そして、生きていく際に動物がいかに支えになってくれるか、ということがよくわかる。
この本の売り上げは、病気と闘う家族へのプラスになる。
それを考えても、ぜひ買って読んでほしいと思う。
# by moon99999 | 2004-11-06 23:38 | ドキュメンタリー

遠き雪嶺

谷甲州 遠き雪嶺


立教大学山岳部のメンバーが、戦前にヒマラヤのナンダ・コートという山を征服したときの話を、ドキュメンタリーチックに書いた話。
もちろん脚色もあり、かならずしもすべてが史実というのではなく、史実に基づいたエンターテインメントということだ。

アンツェリンという名に聞き覚えがあると思ったら、夢枕獏の「神々の山嶺」にも出てくるんだった。

谷甲州は「ヴァレリア・ファイル」というSFしか読んでいなかったが、本来はこっちのような山の本も多く書いているらしい、というのを今回初めて知った。


この本にはちょっとトラブルがおきたがそれも思い出すにはいいかな(笑)。
# by moon99999 | 2004-11-04 23:30 | 歴史小説系

パーフェクト・プラン

パーフェクト/プランパーフェクト・プラン
  柳原 慧
http://qrl.jp/?153210




第二回「このミステリーがすごい!」大賞だそうだ。
読んでみると細かいところの突っ込みどころはいろいろある。

だがこれでもずいぶん修正されたようだ。
大森望氏がかなり手を入れたらしい。

「前転もできないのにみようみまねでウルトラD難度の技に挑戦する芸人のようなもの」というのはたしかにそうだと思う。

株のトレードのところはどうしようもない。
だいたい現物ではストップ安というものもあるし、オプション市場なんて出来高が薄くてまともに機能なんてしていないんだから。 
立て玉を処理って、どうしようっていうのだか。
5%ルールだってあるし、ヘッジファンドが現物だけ買ってどうする。
ま、アメリカでは現在ロングオンリーのファンドが結構幅をきかせはじめたらしいから、その意味ではまあありうるけど。
トラッキングエラーにしても普通はすぐに解析する。そうじゃないとモデリングが生きていけないから。だから修正があればすぐにわかるはずだし、ほんの少しだけプログラムを変えるなんて、逆に困難なはずだ。 弾道計算でモデルを作るなんで10年前のモデルかよ。

コンピュータのところも厨房とか使うわりに稚拙だ。
だいたいIPアドレスなんて最初からまともに出てくるはずがない。本当にある程度の腕があるならね。あ、ENIGMAはべつにプロじゃないからいいのかな。

最後のところも拡張子をみたらクリックなんかするはずないし。

でも読めるレベルと大森氏がいうんだから元はどれくらいだったのだろうか?

大森氏はこの前「BSアニメ夜話」のガンダム編に出てたっけ。
「本屋大賞」の選考やったんだっけ?

と、あらをあげてみたが、面白く読めたことは確かだ。
文句いうならお前は書けるのか、といわれたらかけっこないので。

荒唐無稽なエンターテインメントと思えば、十分面白い。
リアルだと思ったらダメだけどね。
# by moon99999 | 2004-11-02 23:02 | 推理小説系

ご挨拶

ひでと申します。
普通のビジネスマンです。
ただ一つ違っていたのは・・。何でしょう(笑) 彼は活字中毒だったのです・・・。

濫読系なので、いろいろなものを読んでいます。
基本的には読んだ本の記録にする予定です。
良さそうなら、皆さんも読んでみてください。

ビジネスにも家庭にも役に立たないかもしれませんが、人間の幅は広がりますよ。(ホントかな?)

よろしくどうぞ。
# by moon99999 | 2004-10-31 23:02 | ご挨拶

logo

b0059882_16435061.gif

# by moon99999 | 2003-01-27 16:41 | その他